第12回全日本ホルスタイン共進会


ホルスタイン審査報告



 全日本ホルスタイン共進会は、第1回が戦後間もない昭和26年、神奈川県平塚市で開催されてから半世紀が過ぎ、ここに第12回を数え、誠に意義深いものと考えております。
 近年の乳牛改良については、インターブルの活動等により、国際的な調和を図りながら進められております。ホルスタイン種の審査標準についても、世界ホルスタイン会議や世界審査委員会議の勧告に従い、平成6年に乳器と肢蹄の改良を最重要課題とした審査標準に改定しております。
 改定後、10年が経過し、改良の成果を見るに大変重要な共進会でありました。全国44都道府県から出品された303頭はその改良の成果を存分に示してくれました。
 審査について、前回と変更した.点を申し上げますと、出品牛全頭について序列付けを行いました。
 又、出品作法の遵守については、特に守るべき出品牛・出品者マナーを設け、出品マナーの厳守が徹底され出品マナーが向上しておりました。
 以下、審査結果についてその概要を報告申し上げます。

<未 経 産>

 未経産牛は、生後12カ月以上24カ月未満の牛114頭を5部に分けて審査しました。
 前回より、第1部から第3部までの最も発育が顕著な時期の牛を2カ月間の区分とし、第4部から第5部までを3カ月間の区分としたことから、各部とも月齢による発育差が緩和されておりました。
 この部門は総体的に極めて発育がよく、品位と資質に優れ、生き生きとして活力に富むものが多く見られました。また、体各部のバランスがよく、移行が滑らかで、肋張りが良く、中躯は十分な伸びと強さを示し、乳用牛の特質に富むものが多く出品されるとともに、尻の形状も概ね好ましいものでした。
 しかしながら、肢蹄の弱いもの、胸底が狭いもの、肩後の充実に欠けるものが散見させたことが惜しまれました。

第1部

 優等賞1席の119号は13カ月齢で、発育がよく、前躯の高さをもっておりました。また体全体が鮮明で、乳
用牛の特質に富んでおり、中躯は充実し、腰幅があり、後肢についても望ましいものでありました。
 優等賞2席の112号も13カ月齢で、体長があり、輪郭鮮明で胸幅広く充実し、乳用牛の特質に優れたものであり、歩様も良好でありました。

第2部

 優等賞1席の213号は15カ月齢で、発育よく、乳用牛の特質に優れ、胸底広く、中躯は充実し、肋の開帳に優れたものであり、また、歩様も良好でありました。
 優等賞2席の219号も15カ月齢で、体長があり、胸幅広く充実し、鋭角的で力強く、歩様も良好でありました。

第3部

 未経産準名誉賞並びに優等賞1席の304号は、16カ月齢で、体高があり、前躯中躯後躯のバランスに優れ、頸薄く、肋の方向及び肋の長さも良好であり、飛節は鮮明で歩様もよく、鋭角性に優れた美しい牛でありました。
 優等賞2席の309号も17カ月齢で、骨格構造に優れ、頸から中躯への移行は滑らかで、き甲は薄く鮮明で乳用性に優れたものでありました。

第4部

 優等賞1席の402号は18カ月齢で、発育よく、品位資質に優れ、輪郭鮮明で、前躯は高く、体各部のバランスがよく、乳用牛の特質に優れ、後肢も飛節が鮮明で、歩様も良好でありました。
 優等賞2席の406号も18カ月齢で、体全体の輪郭が鮮明で、き甲は高く、尻の骨格構造が正確であり、歩様もよく、乳用牛の特質に優れたものでありました。

第5部

 未経産名誉賞並びに優等賞1席の511号は22カ月齢で、体高があり、輪郭は鮮明で、品位資質に優れ、背線強く胸幅があり、体各部のバランスがよく、また移行も滑らかであり、後肢についても飛節の幅があり鮮明で、歩様も優れておりました。
 優等賞2席の513号は、22カ月齢で、体各部のバランスに優れ、胸幅があり、前躯及び中躯は充実し、後躯も幅広く、乳用性に優れたものでありました。

<経 産 牛>

 経産牛は、2歳から6歳以上までの189頭を7部に分けて審査いたしました。前回から2歳及び3歳クラスをジュニアとシニアのクラス分けにしたことから、改良の成果を最も早くに見たい2歳クラスの牛が57頭出品されておりました。又、未経産牛と経産牛の出品比率が経産牛62%となり乳器の改良の成果を見るに相応しい部門でありました。
 この部門は、総じて体格が大型化しておりますが、品位と資質に優れ、輪郭鮮明で、乳用牛の特質に富んだものが多く出品されておりました。
 特に、乳器については、前乳房の付着が強く、後乳房も高く幅広く付着し、乳房の懸垂も明瞭であり、質においても満足出来るものが多く出品されておりました。
 しかしながら、乳房の底面が低めのもの、傾斜するもの、また乳頭の配置と形状、方向に改良の余地があるものが散見されました。
 今後、飼養環境に適した体型の斉一性を図るとともに、生涯生産性向上のために、より一層の乳器並びに肢蹄の改良を図っていただきますようお願い申し上げます。 

第6部

 優等賞1席の606号は、高さがあり、体各部のバランスに優れ、特に尻の形状に優れ鋭角的で、乳用牛の特質に富んでおりました。前乳房の付着は強く、後乳房及び乳房底面は高く好ましいものでした。
 優等賞2席の607号は、発育がよく、肋の長さと深さを備え、各部のバランスに優れ、体全体が鋭角的でありました。乳器も容積に富み、乳頭位置・方向に優れものでありましたので、この部のベストアダーといたしました。

第7部

 第6部から第9部までの経産名誉賞並びに優等賞1席の709号は、体全体が鋭角的で、体各部への移行が滑らかで、飛節は鮮明で歩様が確実なスタイリッシュな牛でありました。また乳器につきましても、前乳房の付着が強く、後乳房の高さ、幅に優れておりましたので、この部のベストアダーといたしました。
 優等賞2席の728号は、前躯が高く、前躯から中躯への移行がよく、正確なフレームを兼ね備え、鋭角的で乳用性に優れたものでありました。また乳器も乳房底面の高い、初産らいし好ましいものでありました。

第8部

 第6部から第9部までの経産準名誉賞並びに優等賞1席の807号は、十分な高さがあり、背腰が強く、鋭角的で、体各部への移行も滑らかで、歩様も確実でした。乳器も、前乳房は付着強く前に伸び、後乳房は高く、十分な幅があり、乳頭の配置・サイズも適正でありましたので、この部のベストアダーといたしました。
 優等賞2席の819号は、体全体が鮮明であり、乳用牛の特質に優れたスタイリッシュな牛でありました。また、乳房も好ましい形状であり、特に乳房中央靱帯は明瞭であり、強いものでありました。

第9部

 優等賞1席の925号は、高さがあり、鋭角的で、体長もあり、各部のバランス及び移行に優れ、乳用牛の特質に優れた牛でありました。乳器についても、後乳房は高く、幅はあり、乳頭配置・長さも好ましいものでありましたので、この部のベストアダーとしました。
 優等賞2席の913号は、体各部のバランスに優れ、体全体が鋭角的であり、乳用牛の特質に優れた牛でありました。また、乳房底面は高く、乳頭配置も好ましいもものでありました。

第10部

 このたびの共進会全体の最高位賞、第10部から第12部の経産名誉賞並びに優等賞1席の1020号は、正確な骨格構造をもち、前躯から中躯への移行に優れ、肋はよく開帳し、尻幅広く、バランスに優れ、飛節は鮮明で歩様の良好な、乳用特質に富んだデーリイーな牛でありました。また、前乳房の付着は良好で、後乳房は幅広く容積があり、形状も優れておりました。
 第10部から第12部までの経産準名誉賞並びに優等賞2席の1023号は、体全体が鋭角的で力強く、高さと長さに富み、尻幅広く、乳用特質に優れたものでありました。また、後乳房の高さ並びに幅に優れ、付着もよく、正中提靭帯は強く、乳頭配置も正確でありましたので、この部のベストアダーといたしました。

第11部

 優等賞1席の1120号は、骨格構造が正確で、高さがあり、鋭角的で、各部のバランス及び移行に優れ、飛節も鮮明であり、歩様も良好な、乳用牛の特質に優れた牛でありました。乳器についても、乳房底面は高く、底面も水平であり好ましい形状でありました。
 優等賞2席の1116号は、前躯が高く、肋はよく開帳し、体各部のバランスに優れ、体全体が鋭角的であり、乳用牛の特質に優れた牛でありました。また、乳器は特に乳房底面は高く、前乳房の付着も強く優れたものでありました。

第12部

 優等賞1席の1213号は、優れた骨格構造持ち、胸幅があり強く、体全体に伸びと幅があり、歩様も良好な、乳用特質に優れた雄大なスケールのある牛でありました。
また乳房も6産を分娩しておりますが、乳房底面は飛節より上であり、乳頭配置も良好でありました。
優等賞2席の1209号は、高さがあり、品位に富み、各部のバランス及び移行に優れ、肢の骨質もよく、歩様は確実な、乳用牛の特質に優れた牛でありました。また乳器についても、前乳房の付着が強く、乳房底面の高い優れたものでありました。


 以上、審査結果の概要をご報告申し上げましたが、我が国の酪農の安定的な発展を図るためには、泌乳能力を向上させるとともに、良質な生乳の確保が重要であります。
 今回、この共進会に寄せられました関係各位の熱意が、今後の我が国乳牛改良の一層の進展に注がれることを祈念してやみません。
 最後に、円滑な審査にご協力いただきました出品者、出品委員を始め、関係各位、並びに栃木県実行委員会に対し、心から厚くお礼申し上げます。

                  平成17年11月6日
審査委員長
独立行政法人家畜改良センター
理 事 長  木 下 良 智
 
(社団法人)日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan