−体型審査とは−

審査の目的
酪農経営を行う上で、私たちが乳牛に第一に求めるものは泌乳能力です。そして、乳牛の本当の価値はその牛が一生涯にどのくらいの乳量を生産したかによって決まります。生涯生産能力をより高めていくことが生産コストの低減と収益性の向上につながります。
 長い期間にわたって高い泌乳能力を維持するには、健康で骨格のしっかりした体型と付着・形状のよい乳房、丈夫な肢蹄等が必要です。これらは飼養管理や搾乳管理の作業効率を高める上でも重要な役割を担っています。乳牛の審査は、体の各部位の機能性を評価することにより、その牛が生涯にわたって高い泌乳能力を発揮できるか否かを判定する唯一の手法です。
審査プログラム
雌牛が審査を受ける場合には2つの審査プログラムがあります。1つは牛群審査で、飼養する牛群内の登録経産牛全頭を対象とし、申込み(有料)によって行うものです。もう1つは体型調査事業によって行う審査で、後代検定材料娘牛(初産検定中)を飼養している牛群検定農家において登録初産牛の体型調査(無料)を実施します。
 これらの審査は日本ホルスタイン登録協会の審査委員が担当し、ハンディパソコンを用いて、各個体の体型について得点評価と線形評価を行います。審査後は、その場で審査結果を打ち出し、受検農家における直近の遺伝情報や種雄牛情報と合わせて審査結果の説明や交配、飼養管理等のアドバイスを行います。これらの審査結果は自動的に審査成績証明されるとともに、血統、能力のデータと合わせて種雄牛および雌牛の遺伝評価分析に利用され、遺伝情報として酪農家にフィードバックされます。
牛群審査
 牛群検定の実施と共に牛群審査を定期的に受検することは、牛群水準の向上には勿論、飼養管理や搾乳作業面でも極めて有効です。
 牛群審査は年2回(概ね6ヶ月間隔)、各都府県を巡回訪問して実施しています。牛群審査を受ける場合は、原則として飼養する登録経産牛全頭を申込みます。ただし、5歳以上や廃用予定、疾病牛等は除くことができます。審査時期の概ね2週間前までに申込みして下さい。
 審査成績の優秀牛群や高得点牛については、年度表彰や本会ホームページ上で公表しています。

一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan