−自動登録同時SNP検査とは−

 日本ホル協は、平成28年4月より、自動登録同時SNP検査を開始します。これは、SNP検査の理解醸成・普及啓発のため、自動登録農家で、SNP検査を申込んだ場合、一定の条件をクリアすれば自動登録料を半額割引するものです。
SNP検査の普及・推進
 ゲノミック(G)評価には次のようなメリットがあります。
  • @世代間隔の短縮により遺伝的改良のスピードアップを図れる
  • A育成牛での早期選抜が可能になり、優良な育成牛や受精卵の
  •   確保・販売が有利になる
  • B後代検定事業へのG評価結果の有効活用
  • C遺伝病の発見
  • D血縁関係の確認等が期待できる
 G評価は非常に有効かつ有望な成長分野と考えられ、今後の日本の乳牛改良においても重要な手法であるため、日本ホル協ではゲノミック評価並びにSNP検査の普及・推進に努めます。
受精卵移植牛(ET産子)も対象
 ゲノミック評価並びにSNP検査の普及・推進するため、日本ホル協では下記の条件を満たした自動登録農家を対象に自動登録料金の半額を還元することにしました。
 農家の条件として、
  • @自動登録を実施していること
  • A牛群検定を実施していること
  • B情報開示の同意をすること
 以上が条件となります。

 また、雌牛の条件として、
  • @ホルスタイン種雌牛であること
  • A生後1年以内の未経産牛(ET産子や導入牛含む)
  • B登録日から3ヶ月以内にSNP検査を申込むこと
 以上が条件となります。

 ※ただし、alic補助事業によりSNP検査したものは対象外となります。
 
年度末に半額を還元
 自動登録料やSNP検査料は、都府県分については従来どおり規定料金を納付していただき、年度末に対象頭数を確認して返金します。
 生後10ヶ月以内であれば、1頭当たり916円が、ET産子であれば、1,024円が返金されます。
 もし、登録後30日以内に死亡(かつ登録後2ヶ月以内に日本ホル協へ報告)した場合は登録料を全額返金しますが、SNP検査料については、検査進度状況により返金できない場合がありますのでご承知おきください。
 
自動登録同時SNP検査申込の流れ(都府県)

一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan