令和04年03月20日

自動登録同時SNP検査をはじめませんか?

~都府県の自動登録の現況から~


 日本ホル協では申込み手続きが簡単な「自動登録」を引き続き推進しており、今年度の都府県における自動登録率(血統登録雌牛のうち自動登録によるものの割合)は71.7%まで増加する見込みです(昨年度70.4%)。会員農家の皆様や登録委員の方々には日頃よりご理解ご協力を頂き誠にありがとうございます。
 また、来年度から自動登録実施農家向けの日本ホル協の事業である「自動登録同時SNP検査」の運用をより充実したものに変更いたします。今回はその概要をお知らせします。
自動登録同時SNP検査とは
 自動登録同時SNP検査とは、SNP検査およびゲノミック情報の普及・推進のために平成28年度から日本ホル協が取り組んでいる事業で、自動登録を実施している農家がSNP検査を申込みした場合に、血統登録料金の優遇措置を行い、独自のゲノミック情報を提供するものです。
 「自動登録同時SNP検査の実施取扱細則」では、「生後1年以内に血統登録されたすべてのホルスタイン種雌牛をSNP検査する」という条件がありますが、平成28年の実施開始当時、都府県においてはこの条件に同意する農家が少ない見込みがあり、同細則を一部縮小して運用しておりました。しかしながら最近では、SNP検査やゲノミック情報が広く認識されてきたことから、運用方法を本来の規則に準じて行うこととなりました。
自動登録同時SNP検査のポイント
 自動登録同時SNP検査を申込むと次のようなルールやメリットがあります。
 ①生後1年以内に血統登録されたすべてのホルスタイン種雌牛のSNP検査申込みが必要です(ただし、後代検定娘牛はalic事業対象になるため別途取扱いとなります)。
 ②血統登録日から3ヵ月以内にSNP検査を申込めば、血統登録料金のうち規定料金の半額を年度末に一括還元します。
 ③従来から提供している牛群遺伝情報に加えて、「自動登録同時SNP農家還元情報Web」を利用することができます。
自動登録同時SNP農家還元情報Web
 自動登録同時SNP農家還元情報Webでは、SNP検査によって得られたゲノミック情報をグラフなどにビジュアル化して提供しています。
 ①未経産牛GNTPの牛群内分布と供用種雄牛の区分(図1)では、SNP検査した牛群内のすべての未経産牛のGNTPを4つのグループに分類し、交配種雄牛を選定する際の参考にしてもらうことを目的にしています。
 ②在籍牛の平均遺伝的能力(図2)では、牛群内の経産牛と未経産牛を分けて表示し、すでに生乳生産している世代と比較して、若い世代の遺伝的レベルが高くなっているかどうかを確認できます。
 ③牛群の遺伝的レベルチャート(図3)は、乳量、乳脂量、乳器などの主要な形質の育種価のレーダーチャートです。経産牛と未経産牛の遺伝的レベルを比較して、牛群の遺伝的な改良具合を確認できます。
 ④遺伝的トレンド(図4)では、すべての育種価(GNTP、EBV、GEBV)を標準化して、複数の形質の遺伝的トレンドを同じグラフに表示しています。どの形質の改良が進んでいるのか、反対に遅れているのかを比較することができます。また、同時に全国の遺伝的トレンドを表示しているので、牛群の改良を確認できます。
 ⑤近交係数情報(図5)では、近交係数の階層別、誕生年毎の推移を表示しています。牛群内の近交の状況を常に確認することで、近交の上昇を抑えることにも繋がります。
 ⑥在籍牛における遺伝的能力の分布(表1)では、在籍牛の育種価をNTPに換算した場合に、遺伝的レベルがどの程度の位置にあるかを確認するため、NTPによる各パーセンタイル順位に在籍牛が何頭いるかを示しています。
 ⑦父牛別在籍雌牛頭数(表2)は、父牛別に在籍雌牛数を示しています。経産牛と未経産牛ごとに利用している種雄牛の変化や傾向が確認できます。
自動登録同時SNP検査の申込み
 自動登録同時SNP 検査を申込む場合には次の条件について確認してください。
 【農家の条件】
・自動登録を実施していること
・牛群検定に加入していること
 【料金優遇の条件】
・生後1年以内に血統登録されたホルスタイン種雌牛(ET生産牛、導入牛含む)
・血統登録日から3ヵ月以内に日本ホル協へSNP検査を申込みした牛
 申込みに必要なことは次の通りです。
 ①開始前に「自動登録同時SNP検査申込書」を必ず提出してください。申込書の受付後、翌月1日から開始となります。
 ②自動登録した牛の血統登録証明書を送付する際に、SNP検査の試料送付書を同封しますので、血統登録日から3ヵ月以内にSNP検査の試料を採取して、試料送付書と一緒に(一社)家畜改良事業団遺伝検査部に送付してください。ET生産牛も自動登録同時SNP検査の対象となりますので、親子判定と同時にSNP検査の申込みを行ってください。
 自動登録を実施されている皆さん、未経産牛の全頭をSNP検査して、牛群の能力アップを図ってみませんか。是非とも申込みをお待ちしております。
(事業部・門間)

図1 未経産牛GNTPの牛群内分布と供用種雄牛の区分


図2 在籍牛の平均遺伝的能力(一部形質抜粋)


図3 牛群の遺伝的レベルチャート


図4 遺伝的トレンド(SBV)


図5 近交係数情報


図6 自動登録同時SNP検査リーフレット


図7 事業の詳細


表1 在籍牛における遺伝的能力の分布


表2 父牛別在籍雌牛頭数



一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan