令和04年03月20日

登録の現況

頭数回復も会員減少の傾向続く


コロナ2年目の実績 ~登録申込は増加~
 令和3年度(令和4年1月末現在)の都府県別の血統登録をはじめ各種申込頭数並びに会費納入件数を表に示しました。
 血統登録申込頭数は3万7224頭で前年同期と比較して1322頭増、率にして3.7ポイントの増加となりました。
 特に岩手県が前年対比で817頭増加し、伸び率は都府県トップ、次に神奈川県442頭、宮崎県211頭の順でした。
 前年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により登録申込件数が大幅に減少しました。今年度も幾度となく緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出されましたが、この状況下でも会員をはじめ、関係者の努力によって登録頭数は増加に転じております。しかしながら、前年度実績を大幅に下回っている県もあります。それらの県については、3月末までの申込頭数の増加を期待したいところです。
自動登録は年々増加
 都府県における自動登録実施農家戸数は1958戸で、自動登録頭数2万6065頭、血統登録全体の70.0%(前年同期比で828頭増)を占めています。申込書類の作成や送付等の手間が不要な自動登録は、特にコロナ禍等の状況下にあっても、年々僅かずつですが、順調に普及しています。
 日本ホル協の事業計画では常に「自動登録の普及・定着」を掲げております。雌子牛の出生から10日から2週間で登録書を発行、しかも安価な自動登録の更なる普及に向けて、全酪新報等で情報発信していく所存ですので、ご理解とご協力のほどお願いします。
 また、自動登録をはじめ登録関連の研修会開催を検討されている県におかれましては、Web等を利用すれば、多くの方がその場から参加できる利便性もありますので、その際にはお問い合わせください。
移動証明申込忘れずに
 1月末現在の移動証明申込件数は2626頭で、前年同期比で144頭の減少となりました。しかしながら、岩手県は132頭増、愛媛県106頭増、茨城県46頭増等、前年同期に比べて大幅に増加している県もあります。
 自動登録実施農家では、他からの牛の導入や家族間移動の際にも移動証明申込を省略できることから、今後は自動登録の普及に伴って、移動証明件数が減少していくことは仕方ないものです。一方、個別登録農家では、所有者の変更に伴う移動証明申込みが必要ですので、購買などで導入してきた登録牛は、個体識別センターへの異動報告と併せて、日本ホル協への移動証明申込みを忘れないようお願いします。
会員数は減少の一途
 会員からの会費納入件数は4412件で、前年度と比較すると289件の減となりました。農林水産省の「畜産・酪農をめぐる情勢」によれば、乳用牛の飼養戸数は年々減少しており、それに伴って日本ホル協の会員数も年々、数ポイントずつ減少の一途をたどっています。
 (事業部・國行)

表 各種登録等申込み状況(令和3.4.1~令和4.1.31)

令和04年03月20日

連続首位「ブーテイー」

2022-2月 国内種雄牛評価

 (独)家畜改良センターは2月15日、乳用種雄牛評価成績2022-2月評価を公表した。今回の評価成績では精液供給可能種雄牛は72頭、うち新規牛は6頭であった。
1位「ブーテイー」  トップ3は変わらず
 今回の総合指数(NTP)1位は「フアインデール ホツト ブーテイー ET(アルタホツトロツド×バリスト)」が獲得した。産乳成分が高く、体型形質、耐久性成分とバランス良く優れた種雄牛である。
 2位は「ピユアソウル ビジヨン SI ハウル ET(シルバー×マツカチエン)」。優れた泌乳形質と高い耐久性成分を持ち、長命連産効果に期待が持てる。
 3位は「グリーンエンジエル ラークレスト JC スター ET(ジエイシー×フエイスブツク)」。産乳成分と疾病繁殖成分に優れている。
 上位3頭は前回の2021-8月評価と同様の順位だったが、4位には前回13位のコンシエルジユ、5位には前回6位のサムが順位を上げている。
新規牛は6頭
 今回の公表で新たに選抜された種雄牛は6位シヤムロツク、10位パリス、15位ホツトロツド、22位リア、31位ブライト、36位スピリツトの6頭であった。
 トップ40の父牛を見てみると、アルタホツトロツド、シルバー、パワーボールの息子牛が各3頭。母方祖父牛別ではブツケムが5頭、スーダンとマツセイが4頭となっている。

表 乳用種雄牛評価成績2022-2月(供給可能・国内種雄牛NTPトップ40)
-線形/管理形質および泌乳持続性

令和04年03月20日

都府県2頭目 6E牛誕生

長野県新海牧場「チルダ MJ」

 令和4年1月の長野県後期体型審査において、南佐久郡南牧村の新海牧場飼養の「ラツキーマーシユ チルダ MJ(平21・9・18生、12歳9産、父:ジエルズ)」が、92点6Eに評価され、群馬県太田市の遠坂牧場飼養の「リコ ダツチ」に次ぐ都府県2頭目の6E牛が誕生した。
 それでは当日審査を担当した審査委員のコメントを紹介したい。
 「審査は分娩後13日目と、やや体の疲れと乳器が本来の状態ではなかったが、ご主人とご家族の努力で、出来る限りの最高の状態まで回復させた、素晴らしい愛牛だった。
 その年齢と産次数を感じさせない機能性かつ充実した体貌と骨格を備えていて、特に、首は薄く、き甲部は鮮明、肋骨間は広く、良く開張している。皮膚は薄く、ゆとりがあり、弾力性に富み、被毛は光沢があって密生している。後肢の内腿は薄く、幅広く充実した乳房を容易に収めているなど、乳用強健性にあふれている。年齢を感じさせない締りのある鮮明な肢と角度の良い蹄も素晴らしい。9産をした乳房は、やや底面は深くはなったが、水平で幅広く、靭帯も強い。柔軟で弾力に富み、触ると手に吸い付くような感覚となり、質の良さが伺える。今後も、EXとして正確なフレームと質の良い体貌と骨格、そして素晴らしい乳器を維持願い、Eの更新を期待したい。」
 表には2月末時点のEX獲得上位牛を取りまとめた。なお、全国最高記録は北海道上川郡清水町の大久保牧場飼養の「ライオネル」の93点7Eである。

ラツキーマーシユ チルダ MJ(令和4年2月18日撮影)
写真提供:デーリィマン社


複数回EX獲得上位牛(都府県)


令和04年03月20日

職員募集

詳細はこちらをクリック



一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan