令和03年01月20日

繁殖台帳を整備しましょう!

〜繁殖台帳作成サービス〜

 会員の皆様は普段どのような形で繁殖情報を記録していますか。牛舎で取り急ぎの記録として、ノートやホワイトボード、繁殖カレンダーにメモをする方が多いのではないでしょうか。しかし、そのメモをそのままにしていませんか。大事な記録を繁殖台帳に整備していますか。
正しい血統登録には正しい記録を残そう
 日ホ協では、正しく血統登録を行うために、「繁殖台帳の整備」を登録規程に定め、皆様にお願いしております。血統登録は皆様の繁殖記録の申告に基づいて行っていますので、これが正確なものでないと血統登録を行うことができません。
 よくある事例で、「在胎日数エラー」というものがあります。「在胎日数」は授精した日から分娩した日までの日数のことで、牛の場合は平均280日とされています。血統登録の申込があった時に、提出された授精証明書などの申込書類からこの日数を計算し、前後15日間は正常な分娩範囲として血統登録しています。
 しかしながら、この範囲外の場合は血統登録せずに確認のための照会を行い、場合によっては繁殖台帳の提出をお願いしています。例えば、異なる種雄牛を複数回に渡って授精した場合は、どの授精による産子なのか、早産など分娩状況も含めて判断する必要があります。そのためにも繁殖記録の整備をお願いします。
繁殖台帳作成サービス
 日ホ協では、会員限定で牛1頭毎の繁殖台帳を印刷できるサービスを提供しています(図1)。
 印刷方法は、まず家畜改良データバンクのWebサイトのメインメニュー「会員情報」からログイン(※)します(図2の2)。すると、「農家別登録牛情報」ページが表示されます。このページには、その農家で現在飼養中の乳用種牛が、血統登録の有無に関わらず一覧で表示されます。右上の方にある「繁殖台帳印刷」(図2の3)のボタンを押して、繁殖台帳を作成したい牛を選んで、ご家庭のプリンターで印刷してください。血統登録されている牛の場合は、名号、生年月日、血統濃度、3代までの血統、遺伝病検査結果が繁殖台帳に記載されます。用紙の裏面には授精記録の記録欄を印刷して、両面でご利用ください。
 遺伝的な牛群改良を行うためには、正しい内容の血統登録を行う必要があります。その根本となる日々の繁殖情報を正しく記録しておくことが大切です。是非とも繁殖台帳作成サービスをご活用ください。(登録課長・門間)

家畜改良データバンクアドレス
http://www.rg.liaj.jp/hol/
(※)ログイン時の農場コードは家畜改良センター個体識別部への出生届出(報告)で使用する電話番号、パスワードは農場コードの下4桁になります。なお、パスワードは地域によって変更されていることがありますので、ご不明の場合は各都府県の日ホ協支部・承認団体へお問い合わせください。

図1


図2

令和03年01月20日

サービス開始から2年半

登録情報のプラットフォームへ

登録情報活用システム・RIUS

検定成績を簡便に
 日ホ協は血統能力証明書をWeb上で閲覧・管理ができるシステム「登録情報活用システム(以下、ライアス・RIUS:Registry Information Utility System for Dairy Cattle)」を開設しています。このライアスはスマートフォンやパソコンでWeb上にある個々の血統能力証明書を閲覧するだけでなく、証明書に表示しきれなかった血統情報や歴代の審査成績、最新の評価情報といった関連情報も参照することができます。さらには牛群内で過去に証明された検定成績を基に、乳量順や乳成分量等の歴代成績のランキングを表示することもできます。
証明書のペーパーレス化
 ライアスは、Web環境があるところであれば、血統能力証明書をPDFデータとして、いつでもどこでもダウンロードすることが可能であり、必要に応じて印刷することができます。血統能力証明書は、本牛を含め4代の血統情報や審査情報、遺伝評価値などが記載されており、この1枚で様々なことが分かるようになっています。スマートフォンやパソコンで閲覧可能にすることで利便性の向上を図るとともに、証明書を閲覧したい時に探せない、枚数が多すぎて管理できないということを解消して、もっと手軽に活用できるようにしています。

RIUSの検定成績画面
進化するライアス
 開始当初のライアスは歴代情報として検定成績しか閲覧できませんでしたが、令和2年2月からは審査成績と生涯成績の歴代情報を見ることができるようになりました。また、近交情報システムWebや牛群遺伝情報Webにも簡単にアクセスすることができます。育成牛の選別や今後の交配計画など、より利活用いただくため、今後も新機能の拡充を図り、利便性の向上を進めてまいります。
自動継続農家が対象
 ライアスを活用するには、検定成績証明の自動継続農家であることが必要です。検定成績証明の自動継続農家とは、牛群検定に加入している農家で、毎年継続して検定終了牛の検定成績証明を発行希望している農家のことで、別途「検定成績証明自動継続発行申込書」の申し込みが必要です。現在、検定成績証明の申し込みを書類で行っており、まだ自動継続農家になっていない場合はライアスを使用することができません。ライアスでは、証明書に表示しきれなかった情報を表示するなど、サービスの向上を図っておりますが、使用料金は無料です。また検定成績の証明料金についても現状と同額です。検定成績証明の自動継続農家になるだけで、新しい機能のシステムを使用することができます。血統登録をはじめとした様々な改良情報をライアスで利活用し、高能力の牛を飼養するために、新しい年を迎えた今、ライアスのデビューをされてみてはいかがでしょうか。ライアスの申し込み(検定成績証明の自動継続農家になる手順)の詳細については、各都府県の日ホ協支部・承認団体へお問い合わせください。

本紙で紹介したライアスの使い方・便利機能をまとめました。
日ホ協Webサイトから取得できます。

令和03年01月20日

ホルスタイン手帳発売中



一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan