平成31年03月20日

古川牧場(株) 初の1位

−30年都府県登録状況−

 平成30年1〜12月に都府県で血統登録された雌牛について、日ホ協の会員別に登録頭数をとりまとめた。都府県で昨年1年間に血統登録された雌牛は4万5811頭で前年より491頭増加した。また、血統登録を行った酪農家戸数は、3849戸で前年より4戸減少し、酪農家1戸あたりの血統登録頭数は前年よりも0.1頭増加の11.9頭となり、年々増加している。
 
 表1には最近6年間の登録頭数と登録実施農家戸数の推移を示した。
 登録件数の推移を見ると、増加に転じた前年よりさらに増え、加えて登録実施戸数の減少も少なく、血統登録事業の堅調な実施が伺える。
 表2に昨年1年間に60頭以上の血統登録を実施した会員を示した。集計では親子などは1つにまとめて登録頭数の多い会員名で表示した。
 登録頭数の最も多かった会員は、古川牧場(株)(群馬県)で553頭であった。自動登録の開始に伴い、無登録牛の掘り起し登録を行った事により、初の1位となった。
 2位は昨年と同じく中上秀夫さん(岩手県)の325頭。中上さんはここ数年、年間300頭前後の登録数を維持している。3位は(有)ロマンチツクデーリィファーム(群馬県)の303頭で、登録数は年々増加している。4位は(有)PIONEER FARM(茨城県)の270頭。5位小岩井農場(岩手県)237頭、6位(有)品川牧場(群馬県)233頭、7位野村栄一さん(茨城県)221頭、8位吉野藤彦さん(群馬県)209頭と続き、上位8会員が年間200頭以上を登録した。
 
 以下、(独)家畜改良センター(福島県)、山中誠さん(岡山県)、足立松吾さん(岐阜県)、(株)フェリスラテ(福島県)、馬淵博聡さん(山梨県)、(有)幸鷹牧場(熊本県)、(有)ツバヌキ牧場(鳥取県)、(株)竹信牧場(岡山県)、(株)赤羽根PVファーム(愛知県)、(株)チェスナットファーム(茨城県)、伊藤行さん(栃木県)、本多昌仁さん(愛知県)、(有)阿部牧場(熊本県)、(有)岡部牧場(青森県)、雪割牧場(有)(福島県)、(有)江藤牧場(大分県)、羽田光論さん(栃木県)、(有)小笠原牧場(愛知県)が年間100頭以上を登録した。年間100頭以上登録した農家は26戸、50頭以上では105戸となった。
 
 今回とりまとめた年間60頭以上の登録を行った72農家の内、62農家が自動登録を実施しており(表中、*を表示)、多頭数飼養農家では申込書不要、料金割引、登録洩れの防止、移動料無料など自動登録のメリットが大きい。


表2 登録頭数と登録実施戸数の推移(都府県)

平成31年03月20日

海外種雄牛半数を超える

−30年種雄牛登録状況−

 血統登録された雌牛の父牛として、どのような種雄牛が多く利用されているかをとりまとめた。
 表1には、平成30年1〜12月に全国で血統登録された雌牛頭数等を示し、その頭数は21万2942頭で、その父牛数は1746頭を数える。地域別では、北海道が種雄牛1212頭で登録娘牛16万7131頭、都府県は1459頭の種雄牛から4万5811頭が登録された。また、種雄牛1頭当たりの登録娘牛頭数は、全国で122頭であり、北海道は138頭、都府県は31頭である。
海外種雄牛の利用拡大
 国内海外の繋留別では、国内種雄牛858頭による登録娘牛10万0585頭で登録全体の47%、輸入精液などの海外繋留種雄牛は888頭による登録娘牛11万2357頭で登録全体の53%を占め、その割合は昨年より3%増加した。図1には、過去8年間の海外種雄牛の利用率の推移を示した。利用率は減少傾向であったが、27年を境に増加に転じ、28年からは都府県より北海道の利用率が上回っている。
海外の8割がアメリカ
 888頭の海外種雄牛を国別に見ると、アメリカが633頭と最も多く8万7192頭の娘牛が登録され、続いてカナダ159頭から1万4727頭、オランダ37頭から3875頭の、その他の国で59頭から6563頭の娘牛が登録されている。その他の国の中ではイタリアの「レツドリクイド」が1952頭と目立ち、その9割以上が北海道で利用されている。
 次に種雄牛当たりの娘牛頭数に目を向けると全国で5000頭以上の登録娘牛をもつ種雄牛は6頭、3000〜4999頭が4頭、1000〜2999頭が40頭、100〜999頭が200頭、99頭未満が1496頭であり、その上位35頭の種雄牛で登録娘牛全体の50%を占めた。
 県別の国内と海外種雄牛の登録娘牛頭数を表2に示し、海外種雄牛の割合を図2に表した。
 地域別に登録雌牛の父牛のうち海外種雄牛の割合をみると、北海道が53%と都府県平均よりも高い割合である。東北地区では宮城県が71%と高く、その他の県では全国平均以下となっている。逆に関東地区では、群馬県、東京都以外は神奈川県79%をはじめ、5県とも海外種雄牛の割合が全国平均以上となっている。続いて中部・北陸地区では山梨県の79%が最も高く、石川県、静岡県が69%であった。その他の県は平均以下で特に福井県は20%と国内種雄牛の利用率が非常に高い。近畿地区では京都府が77%と高く、一方、滋賀県、大阪府が10%未満と非常に低い。中国・四国地区では高知県の66%が最も高く、山口県の65%がそれに続く。広島県、徳島県と香川県は逆に30%以下と国内種雄牛の利用が盛んだ。九州地区では福岡県71%、大分県65%、熊本県63%等平均を上回る県が多いが、沖縄県は平均を大幅に下回った。
北海道はパリツシユ
都府県はエモーシヨン
 表3には30年次の登録娘牛を多く持つ種雄牛を北海道と都府県に分けて示した。
 北海道では昨年20位だったパリツシユが、登録娘牛1万0221頭でトップとなった。2位はエクリプス、3位はジヨージア、4位はトツプシー、5位は昨年1位のニホロの順。都府県ではエモーシヨンが2920頭で昨年に続き1位、2位ジヨージア、3位はトツプシー、4位スーパー マンデイー、5位モーグル。
 因みに、全国集計では1位パリツシユ、2位ジヨージア、3位エクリプスの順となる。


PDF
 


一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan