平成30年09月20日

創立70周年を祝う

 酪農業関係者140名以上が出席
「事業の継承と最新手法の利活用を」
 日本ホルスタイン登録協会は、9月5日に東京・中野サンプラザで創立70周年記念式典を開催した。式典には農林水産省をはじめ中央畜産関係団体や日本ホル協支部・承認団体関係者など140名余が出席した。
前田会長式辞

 前田勉会長から「わが国のホルスタイン登録事業は明治44年の日本蘭牛協会に始まり、以来途切れることなく連綿と継続されてきた。その間、いくつかの登録団体の変遷を経て、昭和23年に、国の認可の下、全国一円でホルスタイン登録事業を行う公益法人として創立され、本年で70周年を迎えた。
 今般、酪農情勢は誠に厳しい局面を迎えているが、乳用牛の遺伝的改良を通じて酪農生産性の向上と後継牛の確保を図り、血統登録や牛群審査を推進するとともに、牛群検定や後代検定、さらには最新の改良手法であるSNP情報やゲノミック評価法を有効に利活用することが最良の方法と考えている。
 これまで多くの会員や関係各位によって引き継がれてきた乳牛改良事業、血統登録事業を継承すると共に、今後の酪農の発展に向けて、益々のご支援、ご協力をお願い申し上げる。」と挨拶した。

功労者表彰
〜61名に感謝状贈呈〜
 登録事業功労者表彰では、長年にわたり当協会の役員として協会運営に尽力し、登録事業の発展と振興に特に功労のあった前田勉会長、三浦幹雄前理事、臼井勉理事の3名に農林水産大臣感謝状が、千葉準一監事ら9名に生産局長感謝状が贈られた。また、当協会社員として会の運営に特に長きにわたり支援・協力された19名、登録委員として第一線の現場で活躍された方々14名、支部・承認団体等職員として長年にわたり登録の普及推進に尽力された16名に会長感謝状が贈られた。各受賞者は次のとおり(敬称略)。
  • ◎農林水産大臣感謝状
     前田勉、
     三浦幹雄
     臼井勉
  • ◎農林水産省生産局長感謝状
     杉浦弘泰
     弓家 善一
     岡村隆生
     南原需
     千葉準一
     藤岡俊策
     阿部正一
     湊惠
     松島喜一
  • ◎日本ホルスタイン登録協会会長感謝状
    ▽社員
     山口哲朗
     水本隆夫
     中家重夫
     井上宏三
     木塚陽一
     真下豊
     青木雄治
     長谷川行夫
     高来直人
     田嶋敏
     松尾一雄
     中山庄司
     和田健敏
     千葉靖代
     東山基
     原田康典
     片岡義澄
     石川俊彦
     新里重夫

    ▽登録委員
     石川久雄
     遠藤菜菜
     遠藤強
     潮田寛見
     海澤勝利
     諸橋清隆
     山下秋広
     澤村正次
     尾川淳
     中村健一
     北村猛
     野口浩和
     奥山康恵
     貞松義紀

    ▽支部・承認団体職員等
     堀江徹
     富樫眞悦
     木村紀美江
     古田土学
     今吉正登
     赤堀弘
     大村耕治
     齋藤眞澄
     藤澤義美
     河原孝吉
     小泉俊裕
     渡邊時三
     大西信雄
     渥美正
     薄田正之
     千葉雅子

農林水産大臣並びに農林水産省生産局長感謝状を受賞した方々
前列左から山口副会長、三浦前理事、枝元生産局長、前田会長、臼井理事、清末副会長
後列左から藤岡前理事、岡村前理事、弓家前監事、湊前理事、松島理事、千葉監事
全共は未来志向の共進会へ 農林水産省・枝元生産局長
 農林水産省・枝元真徹生産局長からは「70年の長きにわたり、血統の登録事業のみならず、遺伝的改良のための情報の収集・分析、飼養管理技術の改善、また、優れた人材、組織の育成など、育種改良、生産振興について常に先導的役割を果たしてきた。
 わが国の改良、ひいては酪農業の発展に大きく貢献してきた貴協会の功績に対して、深く敬意を表する。近年、人口減少や高齢化などによりわが国の農林水産業は大きな転換期を迎え、改良も乳量だけではなく、繁殖性や搾乳ロボットに適合した体型など、様々な酪農現場のニーズに応えた改良を進める必要が生じており、貴協会の役割はますます重要になると考える。
 2020年には初の試みであるブロック開催による第15回全共が宮崎県で開催されるが、新しいニーズに応える未来志向の共進会として、改良の新たな方向性を示す契機となることを期待している。」など労いの言葉が贈られた。
改良のため連携・協力を 家畜改良事業団・伊地知理事長
 一般社団法人家畜改良事業団伊地知俊一理事長は、「ホルスタイン種の登録は明治44年に日本蘭牛協会によって始められ、中央畜産会、全国農業会などを経て、戦後の混乱期の昭和23年に貴協会が設立されて引き継がれた。その後、貴協会は時代の要請に応え、登録関係業務の拡充、効率化等を図り、今日まで一貫してわが国の乳牛の登録や育種改良の中核的な組織として、我が国酪農の振興、発展に重要な役割を果たしていることに対して心から敬意を表する。
 近年は酪農家の高齢化などにより、酪農家戸数の減少に歯止めがかからず、生産基盤が縮小、弱体化している。一方で、TPP11協定やEUとのEPA協定の早期発効に向けた手続きが進められている。
 こうした内外の情勢のもと、乳牛の改良を通じた生産性向上による酪農の収益性向上と経営体質の強化が一層重要となっており、乳牛改良の基本となる貴協会の登録関係業務の役割もますます重要なものとなっている。
 国際化が進展する中で、乳用牛の効率的、効果的な改良を推進し、我が国酪農の振興に寄与するためには、今後一層、貴協会と当団は連携、協力して互いの業務を推進することが極めて重要だ。」などと祝辞を述べた。
より一層の連携強化を 全国酪農協会・馬瀬口会長
 当協会創立70周年の記念式典を9月5日に中野サンプラザで開催する。また、2020年に、初のブロック全共として宮崎県都城市で開催する第15回全日本ホルスタイン共進会九州・沖縄ブロック大会に向けて、実行委員会との連携を密にして本格的な準備を進める。
 血統登録では、自動登録を主体に一層の推進を図るとともに、正確な登録を実施するために現場における出生子牛とその母牛の確認の徹底を図るほか、登録申請牛への親子判定抜取調査やSNP検査等における血縁チェックと血統疑義牛への親子判定調査の徹底を図る。

 平成30年09月20日

ブラウンスイス血統書は水色へ

−平成30年10月1日発行分から−
  平成30年4月よりホルスタイン種以外の乳用種の血統登録証明書の枠外に品種名を表示しておりますが、ブラウンスイス種は近年、登録頭数の顕著な増加が見られることから、ホルスタイン種の証明書と容易に識別できるよう平成30年10月1日発行分より用紙の色を変更します(図1)。なお、エアシャー種およびガンジー種の血統登録証明書の用紙は変更しませんが、証明書の枠外右上部の品種名を引き続き表示します。

図1 ブラウンスイス種血統登録証明書の新用紙見本

 平成30年09月20日
審査日程


−平成30年10月〜平成31年2月−



一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan