平成30年03月20日

登録の現状

〜血統登録12.9%増〜
 都府県の平成29年度中間(平成29年4月から30年1月末日現在)の血統登録雌牛申込み頭数は、3万7694頭となり、前年同期に比べて頭数で4313頭、率にして12.9%の増加となっています。
 前年度は酪農家戸数の減少や酪農情勢の悪化、さらに和牛並びに交雑種の市場価格が以前にもまして高止まりし、これに呼応するかのようにF1交配が増えた結果、乳用種の雌牛出生報告が大幅に減少し、登録頭数も大きく減少しました。
 しかしながら、全国的な乳用雌牛資源が大きく減少することは大問題であるとのことから、国及び各県の行政機関・酪農団体等にあっても各種の事業に取り組まれ、特に雌牛を確保するには優秀な種雄牛から得られた性選別精液の使用が早期に結果が得られることから、その助成をされる事例が多くみられ、この影響もあって29年に入ってから乳用雌牛の出生増加につながったものと考えられます。
 また、各生産者におかれても牛群検定事業の活用により、牛群内ランクで交配種雄牛を選択し、上位クラスの雌牛には性選別精液を、中位は一般乳用種を、下位のものには和牛ETやF1生産を、ということで仕分けられており、この成果が現れ始めたと思われます。
 さて、表1には県別の血統登録をはじめ各種申込み頭数並びに会費納入件数をお示ししました。

表1 各種登録等申込状況(H29.4.1〜30.1.31)

 前述のとおり血統登録頭数は大きく増えており、中でも、群馬県では1429頭も増えています。これは積極的に酪農家を巡回し、登録推進をしていただいた県団体関係者のご尽力の賜と厚くお礼申し上げる次第です。
 また、熊本県では前年4月に発生した大地震で大きく減らした登録頭数が回復してきたと考えられます。さらに青森県を始め、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、兵庫県、岡山県、徳島県、熊本県、大分県で3桁以上増加するなど30県で前年を上回っております。
 一方、酪農を続けることが難しくなってきた都市近郊の県では酪農家の廃業に歯止めがかからず、3桁以上減少したところが3県もあり、これらにあって3月末までにどの程度回復していただけるかが課題と考えております。
なお、表2には29年次の登録頭数の推移を示しました。



 一方、平成27年まで2年間減り続けていた登録頭数が少しは回復基調にあるのかと期待しております。
自動が過半数
一方、登録申込みに占める自動登録の同時期における申込み頭数は2万3573頭で全体の62.5%となり、昨年に比べて4.6ポイントの増加となりました。中でも、群馬県はここにきて一気に自動登録にシフトしていただいており、この推進に当たっては地元の団体関係者の地道な推進努力のおかげと改めて感謝いたします。なお、自動登録農家戸数は1920戸となり、前年に比べて66戸増となりました。
雌牛価格高騰と自動登録の普及により大幅減
 表1には移動証明申込み件数の状況もお示ししましたが、前年同期比では87・9%と大きく減少しております。これは北海道における乳用種雌牛価格が高騰しているので、一部のメガファームを除くと一般酪農家には手が届かない価格帯となっているため、導入を躊躇しているという声をしばしば聞きます。それ故、移動証明申込みも減少していると考えられます。
 ご承知のとおり、自動登録農家にあっては家畜改良センター個体識別部に所定の異動報告を済ませれば、当協会では該当牛の登録原簿上の移動を完了させており、あえて料金が必要な移動証明は推進していません。自動登録が90数%になる北海道では特にその傾向が顕著です。
 当協会としても自動登録の推進を重点事項として事業推進しておりますので、今後とも移動証明が大きく増えるとは考えておりませんが、個別登録農家にあっては子孫に血統を繋げるためにも確実に移動証明をお願いしたいところです。
酪農家減が会員数にも
最後になりましたが、会費納入件数を表1の一番右側にお示ししました。1月末までに4973戸の方から納入いただいており、前年同期比で93.5%と減少しております。やはり全国的な酪農家戸数の減少の影響を受けたものと考えております。

平成30年03月20日

スムーズな自動登録のために

〜自動登録の現況から〜
 自動登録とは、農家が報告した二つの情報を元に血統登録証明書を発行する血統登録様式です。二つの情報とは、@授精の度に報告した授精情報、A牛が生まれた時に家畜改良センターに出生報告した個体識別情報です。当協会はこれらを電子データで受け取ることで血統登録証明書を自動発行しています。
 出生報告後わずか10日ほどで血統登録証明書を発行することができ、また申込書や授精証明書などのペーパー類は不要などメリットが多く、また登録料金を500円ほど割安にしていますので、全国的に普及が進んでいる状況です。
 しかしながら、分娩前までに授精報告がされていないために自動登録を行うことができず、事故照会をする事例が自動登録対象牛の約2割に起こっており問題となっています。図のように、「@授精報告」と「A出生報告」の両方から自動登録を行いますが、出生報告はしていても子牛が生まれる前までに授精報告されていないと、子牛の母牛は分かっても、父牛が分からないために血統登録証明書が発行できません。

事故になるとデメリット
 授精報告がない場合、当協会では「事故照会」と題してその内容を記載した用紙を送付します。その後、各地域の登録委員を通じて回答を提出していただき、不備がなければ血統登録を行いますが、回答提出までに時間がかかるため血統登録証明書の発行は遅れてしまいます。また、回答には授精証明書や繁殖台帳などの書類の添付が必要となりますので、これでは自動登録の「早期発行」「ペーパーレス」のメリットが台無しです。
確実な授精報告を
 自動登録は、授精の都度、授精記録を電子データで報告することが実施条件となっています。授精報告の方法は、いくつか種類がありますが、表のように都府県の自動登録農家の約9割は、牛群検定で報告した授精情報を利用されています。検定の際には確実に授精報告を行っていただくようにお願いします。
 また初産で生まれた子牛の約3割が授精報告がないために血統登録できない状況にあり、これは未経産牛の牛群検定への加入が遅れていることが影響していると考えられます。分娩後に加入して授精報告しても自動登録には間に合いません。
 牛群検定には、未経産牛も含め、飼養牛全頭を加入しましょう。未経産牛も経産牛と同じく加入することで、繁殖や分娩の状況を一体的に管理することができます。自家育成牛は初回授精までには加入しましょう。預託している育成牛は牧場に戻り次第加入した上で、授精報告をお願いします。
新しい繁殖台帳サービス
 さて、授精報告を正しく行うためには日々の繁殖記録が正しいものでなくてはなりません。正しく記録するための必要アイテムとして、当協会ではこの度、インターネットから飼養牛1頭毎の繁殖台帳を印刷できる会員限定サービスを開始しました。当協会が運用している家畜改良データバンクのメインメニュー「会員情報」から農場コード(個体識別情報届出に使用している10桁番号)とパスワードを入力してログインし、「農家別登録牛情報」ボタンを押します。そうすると、ログインした農家で現在飼養されている乳用種牛の一覧が血統登録の有無に関わらず表示されます。その一覧の右上にある「繁殖台帳印刷」ボタンを押して、繁殖台帳を作成したい牛を選択し、ご家庭のプリンターで表面・裏面を印刷して両面で利用してください。血統登録牛の繁殖台帳には、名号、生年月日、血統濃度、血統3代、遺伝病検査結果が記載されます。
 正しい繁殖記録を行うために、是非とも1頭毎の繁殖台帳をご活用ください。
家畜改良データバンクアドレス
http://www.rg.liaj.jp/hol/

平成30年03月20日

淡路で94点−3E取得

〜兵庫県・OFJシンジケート〜
 平成30年1月の兵庫県後期牛群審査において、淡路市のOFJシンジケート所有(木田 有牧場管理)の「OFJ ロクシー リターナ」(平22・8・12生、7歳5月、5産、父:ボルトン)が高得点の94点(3E)に評価された。
 本牛は前回の平成29年1月(6歳5月、4産)の体審で93点を獲得し、今回県内で初94点に格付けされるとともに、OFJシンジケート3頭目のEX牛である。
 各部の配点は、体貌と骨格92点、肢蹄93点、乳用強健性93点、乳器95点(1月24日確認審査実施)。
 本牛は体高160pと大柄な牛であるが、各部への移行が滑らかで、体長があり頸は薄く長く乳用強健性に富み、肢蹄においても筋腱が鮮明に現れ、蹄の角度および蹄踵の厚さも好ましいものであった。乳房においても、容積形状に優れ、前乳房の付着が強く、後乳房の高さと幅もあり、乳房懸垂も強く、搾乳後の乳房バランスにも満足のいくものであった。
 また、本牛は能力も非凡なものを見せ、4乳期1220日の乳量はM4万9244s、乳脂量1434s、乳蛋白量1417sで今期も順調に泌乳を継続しており、能力と体型のコンビネーション並びに長命連産性に優れた牛である。
 なお、本牛は平成27年に開催された、第14回全共北海道大会にも出場し、1等賞に入賞を果たしている。


一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan