平成30年01月20日

第9回全日本B&Wショウ並びに

2018セントラルジャパンホルスタインショウ

−審査日4月13〜14日−
 第9回全日本ブラックアンドホワイトショウ並びに208セントラルジャパン ホルスタインショウの共同開催まで、残すところ3カ月と迫った。出品区分・各都道府県割当て頭数等について紹介する。
開催日・場所
審査日:平成30年4月13日(金)・14日(土)
場所:静岡県御殿場市「御殿場市馬術・スポーツセンター」
都道府県出品割当頭数
 全国ホルスタイン改良協議会会員40都道府県のうち、今大会に残念ながら出品を断念したところが、秋田県、山口県、香川県の3県となったが、全国から211頭の出品希望があり、調整した結果、希望頭数をそのまま割当て頭数と決まった。前回が204頭なので若干多くなっている。
出品牛の搬入・搬出
 搬入は4月11日13時から16時、12日8時から16時までとする。
 搬出は4月14日の13時から17時まで。15日は牛舎の清掃・消毒の関係から、搬出は10時までに完了すること。
出品申込締切日
 平成30年3月23日(金)までにショウの事務局へ申込書類の提出をすること。
出品牛の防疫対策
 主催者の指示に対する衛生検査及び予防注射を行い、指定の様式による証明書を提出すること。
 なお、証明書の写しを出品牛申込と共に提出し、原本は出品牛とともに会場に持参すること。
付帯事業等の概要
4月13日(金)開催予定
 事業名 時間 
 1  リードマン講習会  13時50分〜14時20分
 2  学生リードマン・コンテスト  14時30分〜16時00分
 3  交歓パーティー  17時30分〜19時30分
 4  オークション  18時30分〜19時30分
関連資料
行事日程表
出品区分及び範囲
出品頭数割当て
平成30年01月20日

生涯乳量

−都府県29年12月−
 29年12月に都府県で検定成績証明されたものの中から、別表には生涯乳量5万`以上の高記録牛35頭を示した。今回は上位3頭が総乳量(M)10万`を突破した。
1位難波睦さん(岡山県)
 生涯乳量トップは、難波睦さん所有「NH126 イノチ デユランゴ ヨツシー」(父デユランゴ、平17.5.30生)の検定回数8回で検定日数3,477日、M118,808`、総乳脂量4,237`、平均乳脂率3.6%、総乳蛋白質量3,878`、平均乳蛋白質率3.3%であった。今回の記録は、全産次の検定成績証明を一括申請したことによるもので同県内歴代4位、13頭目の10万`突破牛となった。
2位柴野立太さん(石川県)
 2位は、当協会理事の柴野立太さん所有「サンデイバレー マジツク ブルーリボン」(父ブルーリボン、平16.7.29生)で、9乳期でM103,379`を達成し同県内歴代2位となった。
3位成田博さん(愛知県)
 3位は、成田博さん所有「アウトサイド メイプル パツチー オブ ナリタランド」(父アウトサイド、平17.1.20生)で、8乳期でM102,394`であった。
 また6位の谷口学さん(京都府)、7位の植木靖さん(栃木県)、9位の星野和司さん(群馬県)、12位の五味英介さん(長野県)、18位の池松和幸さん(福岡県)所有牛をはじめ11頭が審査得点90点以上を獲得しており、体型においても優れた成績を残している。


PDF版

平成30年01月20日

検定成績優秀牛

−都府県、平成29年12月証明分F偏差値−


PDF版


一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan