平成30年01月20日

トップは巨名デーリィ牧場

−都府県別生涯検定−
 日本ホル協ではこのほど、2017年末までに都府県で検定成績証明された生涯検定記録牛を取りまとめた。
トップは川名デーリィ牧場
 生涯乳量のトップは、24年振りに都府県記録を更新した千葉県館山市・(有)川名デーリィ牧場所有のネザーランド ニツクマン フエイアーク(得点86点)である(表1)。12乳期で検定日数4214日、生涯乳量(M)18万2068kg、乳脂量(F)6401kg、平均乳脂率(F%)3・5%、検定1日当たり平均乳量も43kgを超える高能力ぶりを発揮し、生涯乳脂量でも都府県3位を誇る。残念ながら昨年4月に死亡している。
 2位の鳥取県鳥取市・田中泰彦さん所有のロイブルツク ハイアー エレン(85点)は昨年まで24年間トップを守り続けた。M16万6278kg、F8978kg、平均F%5・4%で、生涯乳脂量は未だに全国1位である。
 3位の鳥取県南部町・板持翔磨さん所有のヘリオ ムスタング リートンはM16万3190kg、F4893kg、平均F%3・0%であった。
10万kg以上 岩手県が26頭
 都府県で生涯乳量10万kgを突破した牛は203頭で、一番若い牛で08年生まれであった。都府県別の頭数でみると表2のとおり、岩手県が2年前より2頭増頭し26頭でトップであった。2位には群馬県がプラス5頭の20頭となった。3位には栃木県が18頭(プラス4頭)であった。また、6位に推進を行った岡山県が17頭増頭との13頭で著しい増加をみせた。
亀田康好さんが9頭
 10万kg以上を牧場別(表3)でみると、埼玉県坂戸市・亀田康好さんが9頭であった。続いて福岡県福岡市の槇芳行さんが8頭、3位は宮城県岩沼市・(株)布田牧場の7頭であった。
種雄牛別ではスターダム
 表4は種雄牛別で見たものである。1位はハノーバーヒル スターダムで娘牛7頭が10万kgを突破した。2位にはバーウード プリンス バリアント他2頭が娘牛5頭であった。
7都府県でトップ更新
 表5は検定回数3回以上、総乳量3万kg以上で都府県別1位の一覧である。
 そのうち、過去1年でトップが更新した都府県は7県あった。北から紹介すると、岩手県・中六角保広さん所有のリバテイーフアーム プレステージ アウトサイド マスター(88点)が県内5年振りに更新した。13万8767kgは都府県生涯乳量13位である。
 宮城県では14年振りに渡辺博さん所有牛を抜き、(株)布田牧場のマナツル ブラス ジユリア フタゴ(89点)が11万7216kgで県のトップとなった。
 群馬県では星野 和司さん所有のキヤプテン オプシヨン ロジツク 239 3(86点)が自身の記録を更新して16万244kgとなり都府県6位となった。
 千葉県では、前述の都府県1位になった(有)川名デーリィ牧場所有フエイアーク号が4年振りに県内記録を更新した。
 長野県では安曇野市の太田博士さん所有ジヨーネン アパツチ カーネーシヨン(86点)が16万634kgとなり都府県5位となった。
 岡山県では、長恒充さん所有のダウンヒル ブリツツ プリテイー(89点)、M12万6490kgが宮野晃好さん所有牛を40日後にわずか140kgの差でかわし記録を更新した。
 徳島県は、徳川恵一さん所有のレツドフアームズ マテイツク グレア(89点)は自身の記録を更新して10万808kgとなり県内初の10万kg突破牛となった。
 この表から特に静岡県・石川和博さん所有のプーリー ブリツジ スカイチーフ エレガンス 5 ETが審査得点91点、神奈川県・中村浩建さん所有のジヤーランチエ マツクス マツトが90点、京都府・谷口学さん所有のラーンデール ジヤステイン アンナも90点であり、能力・体型ともに優れている。

平成30年01月20日

群馬県・高得点2頭誕生

都府県4頭目の95点誕生
 平成29年度後期審査において、都府県4頭目、全国でも9頭目となる高得点95点(4E)と評価された牛が誕生した。
 群馬県太田市・遠坂和仁牧場の「フアイン リコ ダツチ」7歳8ヶ月、29年9月7日に6産目を分娩。父牛は「ゴツドフレイ ラテイチユード ET」。
 リコダツチは、26年12月3産目で90点と評価され、産を重ねるたび得点を確実に伸ばしてきた。26年第14回北海道全日本共進会に出品経験があり、28年・29年の群馬県共進会に2年連続で経産名誉賞を受賞している。
 分娩後3カ月の牛群審査で、コンデションは良く、前躯から中躯・後躯への移行に優れ、肋骨の間隔は広く、後方に良く開張した伸びのある体貌と骨格を持っている。乳器において、前乳房は長く強く付着し、後乳房の付着は高く幅広い。6産した乳房の底面は飛節より高く理想に近い状態である。
 各部の得率をみると、体貌と骨格94点、肢蹄92点、乳用強健性96点、乳器96点であった。

「フアイン リコ ダツチ」(父:ラテイチユード)平22.03.31生
群馬県 遠坂 和仁さん所有(平29.12月撮影)
高得点93点誕生
 同じく群馬県で93点(3E)の高得点牛も誕生している。高崎市・長坂仁司牧場の「ラブリーフアーム イグニター アイオン」6歳4カ月、29年9月29日に5産分娩。父牛は国内種雄牛の「ミツドフイールド CCM アイオーン」。
 アイオンは、体高・体長に優れバランスが良い。き甲部は良く締まり、肋骨の間隔が広く開張し、皮膚被毛が良く、乳用強健性に優れた牛である。5産した乳器の前付着は強く、後乳房の付着は高く幅広い。乳房底面も飛節より高く、パワーのある乳器である。
 4部位の得率は、体貌と骨格91点、肢蹄91点、乳用強健性93点、乳器94点。
 写真はデーリィマン社より提供

「ラブリーフアーム イグニター アイオン」(父:アイオーン)平23.8.22生
群馬県 長坂 仁司さん所有(平28.3月撮影)

平成30年01月20日

新人紹介

登録部 登録課 西村多恵子
 この度1月1日付で当協会の正職員になりました西村多恵子です。東京生まれ東京育ちで23歳と25歳になる息子がおります。2人とも小さい頃から水代わりに牛乳を飲んでいたおかげで健康と大きな体格に恵まれ、怪我することなく次男は大学まで体育会サッカー部で活躍をしてきました。どれだけ牛たちに育ててもらったことでしょう。感謝しつつもまさかその牛たちに偏差値や賞があるなんて知りませんでした。
 私は2009年9月にパート職員、その後契約職員となり登録部登録課で個別登録に係わる業務をしてまいりました。その内容は紙での申込書を整備し画像を貼付、入力する、矛盾がなければ登録し証明書を発行するというものです。また毎週火曜日には証明書の発送を担当しております。
 こうした事務処理のなかで酪農家の皆さま、支部承認団体の方々にはたくさんのご協力をいただき、当協会の職員には血統登録の大切さを習いながら登録事務に係われたことは私にとってかけがえのないものとなっております。
 正しい血統で多くの登録を繋げることで酪農家の皆さまの発展・安定に結びつけるお手伝いができればと思います。そのためにはこれらからも協会の一員として自覚と責任を持って尽力する所存です。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
総務部 総務課 稲沢かがり
 この度、1月1日で当協会に正職員として採用され、総務部配属となりました稲沢かがりと申します。名前には「篝火」の意味がこめられています。幼少より首都圏内を転々としていたため出身と呼べる地を持ちませんが、現在は東京都府中市在住・歴20年になるところです。府中市と言えば東京競馬場がある事をご存知でしょうか。普段は緑豊かで閑静な公園ですが、レースの開催期間中は友人家族連れからツアー客、眼光鋭い勝負師風の方々まで、多様な人々で賑わいます。
 学生時代は情報工学を学び、前職まではエンジニアとして情報系の仕事に携わる事が多くありました。当協会へのご縁も、協会で扱っている経理用データベースを扱える人材として派遣会社からご紹介頂いたのが最初です。経理職は初でしたが、請求関連の事務に携わりつつ、経理システムの改良を進めて参りました。「楽するために苦労する」を座右の銘に、自動化できる処理はどんどん自動化・効率化を目指しています。
 前職までの業務では顧客の要望に応える成果物の納品を以て利益を上げる事を目的としていましたが、当協会の目的は血統登録とその記録を利用した牛群改良、ひいては酪農の発展です。今までの人生で酪農業に関わった事は一度もありませんが、一次産業に従事する方々への敬意は常にありました。登録業務を通じて酪農業へ貢献ができる、とまで言ってはおこがましいのですが、そうあるように努めたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。


一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan