平成29年04月20日

引き続き自動登録推進

審査90点以上「E」表記始まる

−日ホ協理事会−
 日本ホルスタイン登録協会(前田勉会長)の第285回理事会が3月24日に開催され、先ず、平成28年度中間事業概況、社員会議・冬期登録事務担当者会議、第15回全共関係会議の概要、平成28年度家畜改良推進事業等が報告された。また、平成29年度事業計画案及び収支予算案、第15回全共規則骨子案と参加都道府県負担金案、登録関係規程等の改正案、任期満了に伴う社員選挙の実施案等について協議し、原案どおり承認された。
都府県血統登録頭数はやや減少
 平成29年2月末現在の会員数は5,407名で前年同期比94.4%(都府県集計のみ)、血統登録は18万3,936頭で前年並みであったが、都府県は前年度対比95.9%で約1,600頭減少した。
 第15回全共関係では、九州・沖縄地区酪農団体協議会等で構成している準備委員会で決定した大会名称、開催日程・場所、出品頭数規模、協賛付帯行事、収支予算、実行委員会設立時期について正式に承認し、後日、正式に発表することとした。
引き続き自動登録推進を
 協議事項では、平成29年度も引き続き自動登録を主体に登録、牛群審査や検定成績証明等の普及推進を図ること、国からの助成による後代検定材料娘牛等の体型調査事業の実施、第15回全共の開催準備等を柱とする事業計画案について、原案どおり承認された。
 平成29年度事業計画では、血統登録頭数19万5,700頭、移動証明5,900件、審査成績証明件数2万6,840件、検定成績証明件数7万3,720件を見込んでいるが、都府県では血統登録並びに移動証明、検定成績証明はともに28年度予算頭数を下回る数字になっており、自動登録の加入推進が急がれる。
牛コレステロール代謝異常症の表示
 コレステロールの代謝異常により、生後数週間から数か月間で死に至る「牛コレステロール代謝異常症(略称CD)」が、カナダの著名な種雄牛モーリン・ストームを始祖として、子孫牛で発症していることが分かった。
 家畜改良事業団で遺伝子型検査によってCDの判定ができるようになったため、日ホでは4月17日からCD検査の申込受付を開始した。
 また、CDは3月31日付で国の「指定遺伝的不良形質」に指定されたため、今後は雄牛の血統登録申込にCD検査を義務づけることと遺伝的不良形質調査要項にもCDを追加した。併せて、血統登録証明書の血統欄にも、4月から検査結果を表示している。
審査得点90点以上の「E」表記を実施
 体型審査で90点以上(エクセレント、EX)に評価された雌牛が分娩更新して、再び90点以上を獲得した時は、審査得点に加えて「2E」、「3E」等の表記を行うことで、優秀牛選奨規程の改正と併せて承認され、4月の審査から実施。
若雄牛一般供用と登録書の表記
 本年2月の乳用種雄牛評価成績公表から、後検候補種雄牛等の一部についてゲノミック評価値(GPI)を公表し、一定期間を経て一般供用が開始されることになった。これを受けて、これらから生産された娘牛の血統登録書への「○○後検」や父牛略号の表示、血統能力証明書へのゲノミック評価成績の掲載を4月から実施する。
5月24日社員選挙実施
 任期満了に伴う社員選挙は本年5月24日に実施する。社員定数は58名。これに先立ち、5月2日公示し、立候補の届出は11日までとする。

平成29年04月20日

第15回全共規則骨子決まる

 第15回全日本ホルスタイン共進会は初のブロック開催として「同共進会九州・沖縄ブロック大会」の名称で、平成32(2020)年10月31日から11月2日の3日間、宮崎県都城市の都城地域家畜市場で開催することが正式に決定した。
出品頭数はホルスタイン種250頭、ジャージー種20頭
 開催日程は第1日が開会式と審査、第2日は審査と最高位・名誉賞決定、最終日は上位入賞牛パレードと閉会式を行う。
 第15回全共の出品区分(別表)はホルスタイン未経産4部、経産8部、ジャージー経産2部の計14部とし、このうち、後代検定娘牛の部は第1、2、5部の3クラス。出品頭数はホルスタイン250頭(一般枠170頭、後検娘牛枠60頭、高校特別枠20頭)とジャージー20頭の計270頭。
 出品資格は国内産の血統登録雌牛とし、第1〜4部(未経産)は自県産で出品者が平成32年9月末日まで引き続き6月以上所有し飼養、第5〜12部(経産)は国内産でよいが、出品者が平成32年9月末日まで引き続き1年以上所有し飼養していること。高校特別枠は1校1頭とする。検定条件は前回全共と同じ。
 出品申込の締切は平成32年9月24日。参加都道府県出品負担金は従来どおり頭数割と都道府県割の合算方式。出品作法の遵守に「監視員を置く」を追加。
 第15回全共規則骨子の詳細は日本ホル協Webサイトで閲覧できる。


PDF版

平成29年04月20日

G・C島根県 河村保志さん

−第32回中国地区B&Wショウ−
 第32回中国地区B&Wショウは4月2日、岡山県真庭市の全農総合家畜市場で開催され、中国5県と京都府、兵庫県からエントリーした精鋭108頭が頂点を目指した。審査員はアルタジャパン(株)細野淳氏が担当した。
 グランドチャンピオン・シニアチャンピオンは島根県・河村保志さんの「サンデイー」=写真、リザーブグランドチャンピオン・インターミディエイトチャンピオンに岡山県・妹尾優佳さんの「ロイ」=写真が栄誉に輝いた。また、同出品牛の「ヒールクレスト スパークリング スター」がジュニアチャンピオンに選ばれた。学校出品牛では、京都府立農芸高等学校出品牛がリザーブジュニアチャンピオンとなる活躍を見せた。
 写真はデーリィマン社より提供
グランドチャンピオン&シニアチャンピオン
「リバ−ビレッジ MS ロイ サンディ−」(父:ジョ−ダン)
島根県 河村保志さん出品

リザーブグランドチャンピオン&インターミディエイトチャンピオン
「ヒ−ルクレスト ジレスピ− ロイ」(父:ジレスピ−)
岡山県 妹尾優佳さん出品

平成29年04月20日

G・C大分県 重見宝弘さん

−第15回オール九州B&Wショウ−
 第15回オール九州B&Wショウが3月19日熊本県大津町の熊本県家畜市場で開催され、九州地区7県からエントリーした精鋭129頭が頂点を目指した。審査員はレベッカ・マスト氏(ワールド・ワイド・サイアーズ)が担当した。
 グランドチャンピオン・シニアチャンピオンは大分県・重見宝弘さんの「マーチヤン ルー」=写真、リザーブグランドチャンピオン・インターミディエイトチャンピオンは佐賀県・古川豪樹さんの「フレツド サンチエス」=写真が栄誉に輝いた。
 また、ジュニアチャンピオンに宮崎県・高鍋農業高校、リザーブジュニアチャンピオンに長崎県・島原農業高校の出品牛がそれぞれ選ばれた
 写真はデーリィマン社より提供
グランドチャンピオン&シニアチャンピオン
「トレジャ−ランド アドベント マ−チャン ル− RED」(父:アドベント)
大分県 重見宝弘さん出品

リザーブグランドチャンピオン&インターミディエイトチャンピオン
「オ−ルドリバ− Fマダム フレッド サンチェス」(父:サンチェス)
佐賀県 古川豪樹さん出品

平成29年04月20日

平成29年度ジャジング・スクール

参加者募集中

−全国ホルスタイン改良協議会−

人事異動
(4月1日付)
◇小山田雅樹 調査部調査課調査係主任(技師)


一般社団法人 日本ホルスタイン登録協会
The Holstein Cattle Association of Japan